写真展「子どもをとおしてみる世界」
の公式ブログです
この写真展は関西NGO協議会20周年記念事業として、
国際協力NGO22団体が合同で開催します
...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.12.05 Wednesday... - / -
...本日の来場者コメント:初日
写真展初日に来場してくださった方々からの
感想をご紹介します。

★ボランティアとしてどんな事ができるのか、
 具体的に知りたいと思いました
★何が問題でどういう事が必要なのか
 勉強できるスペースがあったら嬉しかった
★国際協力に関心が持てた

朝11時〜夜8時の間、写真展会場にはスタッフが
常駐しています。
この時間帯に来場してくださった方には、
・写真を出展しているNGOの情報や
・NGOへの参加方法
などを掲載した冊子もお渡ししています。
この冊子を参考に、次のステップとしてボランティアや
勉強会に、ぜひ参加してみてください足
2007.11.26 Monday... comments(0) / trackbacks(0)
...いよいよ始まりました
写真展、いよいよ始まりました。

本日の受付
本日の受付スタッフ。

来場者の姿も
ぽつぽつ、通勤・通学の帰りらしき方たちが
足を止めてくださっています。
開場は、JR北新地駅の地下出口すぐ。
梅田中心部から北新地駅に向かって来られる人の波を
うまくつかまえられると良いのですがニコニコ
2007.11.26 Monday... comments(0) / trackbacks(0)
...準備完了
写真展の会場準備が整いました!
設営を手伝ってくださったボランティアスタッフのみなさま、
どうもありがとうございましたラッキー

開場を待つ写真たち
各NGOの写真を掲示したパーテーションの間に
机を置いて、パンフレットを取って頂けるようにしています。

団体ごとに写真を展示
NGO1団体ごとにパーテーションを分けて、
団体名・写真タイトル・写真の説明と共に写真を展示しています。

準備中から、通りがかる人たちが見入る姿もちらほら。
みなさま、ぜひご来場くださ〜いおはな
2007.11.26 Monday... comments(0) / trackbacks(0)
...パーテーション設営中
今日からいよいよ写真展。
というわけで、朝から設営を開始しました!
大きなパーテーションを運んだり、と力仕事も多々ある中、
龍谷大学ボランティア・NPO活動センターの学生スタッフが
手伝いに来てくれました!
パーテーションを運ぶ
おかげで、さくさくと順調に進んでいます時計

あ、ちなみに真ん中の方は、学生スタッフではありません。
某NGOのベテラン・スタッフSさんも手伝いに来てくださっていました。
ありがとうございました悲しい
2007.11.26 Monday... comments(0) / trackbacks(0)
...バングラデシュ大型サイクロン、被災地にようやく救援物資
被災地への緊急救援態勢が、ようやく整ってきたようです。
しかし、生活の基盤を失った人々へのサポートなど、
中長期的な復興支援も、早急に立案していかなくてはなりません。

アジアボランティアセンター(AVC)は、現地パートナーNGOの
「地域保健プロジェクト」(CHCP)から寄せられる情報を公開し、
幅広い支援を呼びかけています。

緊急支援募金
【第一次募金目標 500万円】
募金活動による浄財はCHCPを通じて、救援・復興事業に伴う物資調達や
暮らしの復興に役立てられます。
【郵便振替口座】00930-1-119782
【銀行口座】三菱東京UFJ銀行阪急梅田北支店(普通)5371964
【名義】アジアボランティアセンター代表 平田 哲
 ※郵便振替用紙の通信欄に「サイクロン災害支援募金」とご明記下さい
2007.11.24 Saturday... comments(0) / trackbacks(1)
... フライヤー配布中(今日は中崎町エリア)
またまたランチタイムを利用して、
フライヤー配りをしてきました。

面白いカフェやお店が路地路地にある、東梅田の中崎町。
まずはランチ、という事で、
ごはんやカフェ Kitchen へ。
本当にお家のご飯、という感じのおいしいランチを
しみじみと頂きましたー湯のみ

民家を改装した店内

お腹を満たしたあと、中崎町エリアのお店に
ずいぶんフライヤーを配布しました。
ついつい、買い物してしまったりして。
行く度に新しいお店ができている中崎町。
ゆっくり散策とお買い物したら、1日中遊べますよ猫2
2007.11.24 Saturday... comments(0) / trackbacks(0)
...世界中のネットワークを活かした支援
京都YMCAは、京都の三条通りに面して、とても便利な場所にあります。
いろいろな活動をされているYMCAですが、国際協力分野では、
世界中にある「YMCA」のネットワークを活かした支援をされています。

特に京都YMCAは、
インド・ランチYMCA
韓国・仁川YMCA
台湾・台中YMCA
との交流・協力プログラムを実施。

また緊急災害時には、現地のYMCAが緊急救援・復興活動を
おこなうための支援をしています。

関心のあるかたは、ぜひ
国際ボランティアリーダー会
に参加してみてはいかがでしょうか?
2007.11.23 Friday... comments(0) / trackbacks(0)
...バングラデシュの大型サイクロン、ヤシの木に体を縛り付け子どもが生存
災害や紛争などの非常事態が起こったとき、
もっとも被害を受けやすい人々として、
・立地条件の悪いところに住まざるを得ない貧困層
・体力の十分でない乳幼児
が挙げられます。

その両方の条件にあてはまる子どもたちが助かったという
このニュース。
すこしだけですが、ほっとさせられました。

各NGOも、次々と救援のための活動をはじめています。
日本国際飢餓対策機構も、駐在スタッフが現地で
食料や緊急支援物資配布などの活動を開始。
募金の送り先は
郵便振替 00170-9-68590
日本国際飢餓対策機構
※記入欄に「バングラデシュ・サイクロン」と必ず明記のこと

●問い合わせ
日本国際飢餓対策機構・本部事務所
大阪府八尾市弓削町3-74-1
072-920-2225
2007.11.23 Friday... comments(0) / trackbacks(0)
...平和を考える
奈良YMCAでは、「国際・地域奉仕センター」を設置して、
平和・人権・貧困・環境・福祉等のグローバルな課題解決に向けた
活動をおこなっています。

特に興味深いのは、平和を考えるイベントやセミナー
「戦争の世紀」と言われる20世紀の反省はどこへ・・・と
嘆きたくなる世界情勢の中で、「平和」という事を考える機会を
つくることは、とても大切だと思います。

教科書に書いてある「平和」ではなく、講演会やセミナーで
人の口を通して語られる「平和」。
そこで聞いた事、考えた事を、今度は自分の口を通して語ることは、
とても大きな平和運動=国際協力活動といえるのではないでしょうかプレゼント
2007.11.22 Thursday... comments(0) / trackbacks(0)
...なぞの神戸大生
今日は、ボランティアスタッフのT田くんが、
朝から手伝いに来てくれました。
T田くんは、写真展にも協賛して頂いている神戸大学の3年生。
ゼミや生協で配布してもらうよう、フライヤーも
持って帰ってくれました。

ボランティアT田くん

T田くんは、若干19歳でボランティアに応募してくれて、
はや2年半。いつもお世話になってますー。
初めて事務所に来てくれた時に、
「(国際協力関係で)関心のあるテーマは?」と聞いたところ
「そうっすねー・・・債務とか・・・」
と、えらく渋い答えを返してきて、びっくりさせられた覚えがあります。

T田くん、将来は青年実業家となって、関西NGO協議会の
大口ドナーになる予定・・・と勝手にスタッフに決められています。
あーその時が楽しみだ、楽しみだモゴモゴ
2007.11.22 Thursday... comments(0) / trackbacks(1)