写真展「子どもをとおしてみる世界」
の公式ブログです
この写真展は関西NGO協議会20周年記念事業として、
国際協力NGO22団体が合同で開催します
...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.12.05 Wednesday... - / -
...バングラデシュ大型サイクロン、被災地にようやく救援物資
被災地への緊急救援態勢が、ようやく整ってきたようです。
しかし、生活の基盤を失った人々へのサポートなど、
中長期的な復興支援も、早急に立案していかなくてはなりません。

アジアボランティアセンター(AVC)は、現地パートナーNGOの
「地域保健プロジェクト」(CHCP)から寄せられる情報を公開し、
幅広い支援を呼びかけています。

緊急支援募金
【第一次募金目標 500万円】
募金活動による浄財はCHCPを通じて、救援・復興事業に伴う物資調達や
暮らしの復興に役立てられます。
【郵便振替口座】00930-1-119782
【銀行口座】三菱東京UFJ銀行阪急梅田北支店(普通)5371964
【名義】アジアボランティアセンター代表 平田 哲
 ※郵便振替用紙の通信欄に「サイクロン災害支援募金」とご明記下さい
2007.11.24 Saturday... comments(0) / trackbacks(1)
...世界中のネットワークを活かした支援
京都YMCAは、京都の三条通りに面して、とても便利な場所にあります。
いろいろな活動をされているYMCAですが、国際協力分野では、
世界中にある「YMCA」のネットワークを活かした支援をされています。

特に京都YMCAは、
インド・ランチYMCA
韓国・仁川YMCA
台湾・台中YMCA
との交流・協力プログラムを実施。

また緊急災害時には、現地のYMCAが緊急救援・復興活動を
おこなうための支援をしています。

関心のあるかたは、ぜひ
国際ボランティアリーダー会
に参加してみてはいかがでしょうか?
2007.11.23 Friday... comments(0) / trackbacks(0)
...バングラデシュの大型サイクロン、ヤシの木に体を縛り付け子どもが生存
災害や紛争などの非常事態が起こったとき、
もっとも被害を受けやすい人々として、
・立地条件の悪いところに住まざるを得ない貧困層
・体力の十分でない乳幼児
が挙げられます。

その両方の条件にあてはまる子どもたちが助かったという
このニュース。
すこしだけですが、ほっとさせられました。

各NGOも、次々と救援のための活動をはじめています。
日本国際飢餓対策機構も、駐在スタッフが現地で
食料や緊急支援物資配布などの活動を開始。
募金の送り先は
郵便振替 00170-9-68590
日本国際飢餓対策機構
※記入欄に「バングラデシュ・サイクロン」と必ず明記のこと

●問い合わせ
日本国際飢餓対策機構・本部事務所
大阪府八尾市弓削町3-74-1
072-920-2225
2007.11.23 Friday... comments(0) / trackbacks(0)
...平和を考える
奈良YMCAでは、「国際・地域奉仕センター」を設置して、
平和・人権・貧困・環境・福祉等のグローバルな課題解決に向けた
活動をおこなっています。

特に興味深いのは、平和を考えるイベントやセミナー
「戦争の世紀」と言われる20世紀の反省はどこへ・・・と
嘆きたくなる世界情勢の中で、「平和」という事を考える機会を
つくることは、とても大切だと思います。

教科書に書いてある「平和」ではなく、講演会やセミナーで
人の口を通して語られる「平和」。
そこで聞いた事、考えた事を、今度は自分の口を通して語ることは、
とても大きな平和運動=国際協力活動といえるのではないでしょうかプレゼント
2007.11.22 Thursday... comments(0) / trackbacks(0)
...バングラデシュ、サイクロンの犠牲者3000人超、支援物資届かず
バングラデシュのサイクロン、救援活動が難航しているとの
報道が出てきています。
被災地をよく知る現地NGO・住民組織などを通じての支援は
きめ細かい支援を可能とします。

アジア協会アジア友の会では、
提携団体による緊急支援チームを形成し、救援活動を行うための
募金活動を開始しました。
2007.11.21 Wednesday... comments(0) / trackbacks(0)
...バングラデシュ:サイクロン「シドル」による死者は5000人から1万人に上る恐れも
11/15にバングラデシュ南部で発生したサイクロン。
被害を受けた世帯数は90万世帯に上るという推計も出ています。
冬に入り、朝晩の冷え込みが厳しくなっていく中で、
迅速な救援活動が必要です。

CODE海外災害援助市民センターでは、現地協力団体に送るための
募金活動を開始しました。
2007.11.21 Wednesday... comments(0) / trackbacks(1)
...国際協力の旅に出よう
多くの国際協力NGOは、活動の一環として、
スタディツアーやワークキャンプと呼ばれる旅行飛行機
コーディネイトしています。
各NGOが活動している地域を訪れて、
活動の現場を見学・視察したり
活動の背景にある社会構造や状況を学んだり
活動地に住む人々と交流したり
実際の活動をお手伝いしたり・・・と、
ツアーの内容は様々です。

ワークキャンプで撮影した写真を
今回の写真展に出展してくださっているのは
神戸YMCA
タイでのワークキャンプの報告書を、ウェブで公開されています。
行き先は、
カレンの人々が暮らす、タイ最北部の村。
もうひとつ、首都バンコクのスラム街と売春ストリート。

旅を通して出会ったこと、気づいたことを
参加者の皆さんが率直につづっているレポートが
とても印象的です。
活動の現場を訪れることで、
びっくりするくらい感情がゆさぶられたり
思いもよらなかった現実に気づかされたり
そんな事が毎日起こる、国際協力の旅地球
年末年始、あるいは次の春休みあたり
あなたもいかがですか?
2007.11.20 Tuesday... comments(0) / trackbacks(0)
...インターネットから募金
時間がなくてボランティアはできないけど、
何かの形でNGOの活動を支援したい・・・という時。
ズバリ、募金財布はいかがでしょう?
最近では、インターネットからの募金も色々なサイトで
おこなわれています。

写真展に参加している日本国際民間協力会(NICCO)の場合、
いくつかのインターネット募金を活用されていますが、
その中で、Yahoo!ボランティアの募金をご紹介。



ここでは各団体が募金の使途となるプロジェクトなどを指定する形で、
募金のテーマを設定しています。
そのテーマや団体名、募金の内容などから検索して、好きなテーマに
寄附をすることができるというもの。
ちなみにNICCOが出しているテーマは
「飢餓はなくせる!? マラウィでの挑戦」
「今立ち上がる、死海の女性グループ」とのふたつ。
どちらも、どんな内容のプロジェクトなのか、興味をそそられるタイトルですね鉛筆2

2007.11.20 Tuesday... comments(0) / trackbacks(0)
...ぼくは13歳 職業、兵士。―あなたが戦争のある村で生まれたら
「あなたが戦争のある村で生まれたら」
タイトルから、どきっと爆弾させられます。

社会のひずみが人々を追い詰めていくと、悲しいことに
ちからの弱い人にネガティブな影響が集中する・・・
戦争状態では、そうした構造がもっともはっきりとあらわれます。
説得力のある語り口で、その理不尽さをつきつけられる本です。

著者は、テラ・ルネッサンスの設立スタッフである
鬼丸さん小川さん
テラ・ルネッサンスは、関西の(というより、日本の?)
国際協力NGOの中でも、最近もっとも元気のある団体。
写真展には、この本でも取り上げられている
ウガンダの元子ども兵の写真を出展してくださっています。
「NGOに就職する」じゃなく「NGOを立ち上げる」という
選択肢を展望できるという意味でも、多くの人に読んでほしい一冊です王冠2
2007.11.17 Saturday... comments(0) / trackbacks(1)
...クリスマスといえば・・・
クリスマスといえば・・・
なんでしょう?

NGO的にいうと、
・クリスマス募金
・クリスマス・イベント(チャリティコンサートなど)
そして、
・クリスマス・バザー

毎年ついつい行ってしまうのが、大阪YWCA
クリスマス・バザーです。
何といっても、品揃えがすごい。
フェアトレードショップの出店から、自然食品から、
すてきな古着まで。
特に古着は掘り出し物が多く、開始時間前から
プロの古着屋さんが列を作っているとか、いないとか・・・びっくり
全館あげてのバザーを見事に仕切っている会員・スタッフの
みなさんのパワーにもびっくりです。

とっても楽しい大阪YWCAのバザー、
今年は12/1(土)に開催されます。
写真展とセットで、ぜひぜひお出かけくださーい。
2007.11.17 Saturday... comments(0) / trackbacks(0)